川崎市で相続手続き・相続登記なら

いがり円満相続相談室

運営事務所:司法書士いがり綜合事務所
〒210-0012 神奈川県川崎市川崎区宮前町12番14号 シャンボール川崎505号

お電話でのお問合せはこちら
044-742-6194
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
私は相続人なの?誰のハンコをもらえばいいの?

法定相続人ってだれ?(基本ルール編)

人が亡くなったとき、その遺産を相続できる人のことを「法定相続人」といいます。誰が法定相続人になるか?は、法律でルールが決まっています。

法定相続人はだれ?は、相続の手続きを進めるにあたって、スタートの段階で調査・確認する必要のある、とっても重要なことなのです。

私は相続人なのだろうか?誰のハンコをもらえばいいの?

そんなお悩みにお答えします。

配偶者は、必ず相続人!

まず、配偶者は、どんな場合であっても必ず相続人になります。夫婦のきずなと言うのは深いもので、法律も夫婦関係は最重要視しています。

少し注意なのは、ここでいう配偶者とは、あくまで「亡くなった時点で」戸籍上の配偶者だった人のこと。

離婚した元配偶者(元夫、元妻)や、籍のはいっていない内縁の配偶者 などは対象外ですのでご注意ください。

また、結婚後の期間は関係ありません。極端な話、結婚して1週間後に夫が亡くなれば、妻は相続人にになります(籍を入れてから遺言書を書かせ、その後・・・そんな怖いテレビドラマも最近ありました。)

まず、配偶者は必ず相続人になる。ぜひ知っておいてください。

配偶者以外の相続人は、この順位で決まる

さて、配偶者以外の親族については、亡くなったときの親族の状況によって、次のとおり優先順位が決まっています。

  1. 被相続人に子どもがいれば、子どもが相続人になります。この場合、親や兄弟姉妹は相続人になりません。
  2. 子どもがいない場合は、親が相続人になります。
  3. 子どもも親もいない場合は、兄弟姉妹が相続人になります。
法定相続人、相続分 早見表
  配偶者 子ども 兄弟姉妹
第1順位(配偶者と子) 2分の1 2分の1    
第2順位(配偶者と親) 3分の2   3分の1  
第3順位(配偶者と兄弟姉妹) 4分の3

 

  4分の1

第1順位の相続人は、子ども

第1順位の法定相続人は、子どもです。

たとえば、両親と長男、長女の4人家族のケースで、お父様が亡くなったとき、相続人になるのは

  • ​配偶者である妻
  • 子どもである長男、長

​の、合計3人になります。これは割と分かりやすいでしょうか。

【パターン1】第1順位の相続のイメージ

なお、「子ども」と言っても、実は法律的には2つのパターンがあります。

血のつながった「実子」。もう1つが養子縁組をしたことによって生じる「養子」。

「実子」でちょっと注意なのは、たとえば前妻の子であっても、血がつながっている以上、相続人になります。前妻は相続人にならないのですが(お父さんがなくなった時点で配偶者ではないから)、要注意です。

場合によっては、お父さんが亡くなってから判明する、いわゆる「隠し子」の事例も、実務では割とよく経験します。生前に交流の無かった異母兄弟どうしで協議を進めることになる訳ですが、協議をまとめるのが難しい事例の1つです。

【パターン2】離婚した前妻の子がいる場合

第2順位は、親

亡くなった方に(生涯)子どもがいなかった場合は、被相続人の親が相続人となります。

このケースは、子どもが病気や不慮の事故などで先立ってしまう悲しいケースや、親が100歳を超えるような長寿の方であるようなケースです。実務上は、あまり多い事例ではありません。

【パターン3】第2順位 亡くなった方の親が相続人になる場合

あまり多いケースではないが、妻としては義理の両親と協議することに。

第3順位は、兄弟姉妹

(生涯)子どもがおらず、既に親も亡くなっているという場合、第3順位の相続人は、兄弟姉妹です。

これは現場では割と多いケースであり、かつ相続手続きが複雑になりやすい典型例です。

【パターン4】第3順位 兄弟姉妹が相続人

現代社会においては、比較的よくあるケース。義理の兄弟姉妹と協議が難しい場合は、生前の対策が重要。

 上の【ケース4】では、義理の兄弟が1人なのでまだ何とかなるとしても、実際には被相続人の兄弟姉妹が複数人いて、全員で話し合いをまとめるのが難しい相談例が、最近増えてきているように感じます。

 遺言書がない場合、相続手続きを進めるには兄弟姉妹全員からハンコ(実印)をもらう必要があるのですが、1人でも連絡が取れなかったり、反対されたりすると、相続手続きはかなり長期化・複雑化します。

 子どものいらっしゃらないご夫婦の場合、生前対策が特に重要となります。詳しくは別のページでご説明します。

猪狩 佳亮

【この記事の執筆者】

開業10年、多種多様な案件を解決してきた経験を有する、相続専門の司法書士。史上最年少で司法書士会川崎支部長に就任。全国各地の司法書士会で、相続手続きに関する研修講師も務める。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間365日受付中です。

受付時間:9:00~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
044-742-6194

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒210-0012
神奈川県川崎市川崎区宮前町12番14号 シャンボール川崎505号