川崎市で相続手続き・相続登記なら

いがり円満相続相談室

運営事務所:司法書士いがり綜合事務所
〒210-0012 神奈川県川崎市川崎区宮前町12番14号 シャンボール川崎505号

お電話でのお問合せはこちら
044-742-6194
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
被相続人に借金が多くて…

相続放棄は、意外と落とし穴が多いので要注意!

相続放棄、という言葉は聞いたことある、という方は結構多いのではないのしょうか。

被相続人が多額の借金を残して亡くなった場合、借金も相続財産の一部なので、何もしないと、相続人が借金を引継ぎ、被相続人にの代わりに返済をしなければいけなくなってしまいます。借金を引き継ぎたくない場合に有効な手段が「相続放棄」です。

相続放棄をすれば、被相続人がしていたあらゆる借金は、一切払わなくてよくなります。銀行、サラ金、友達、…どこから借りていたかに関係なく、払わなくてよくなります。

 
割とイメージはつきやすいと思うのですが、いざ実際に相続放棄をしようと思うと、意外な落とし穴(注意点)が待っていることも。
 
ずばり、相続放棄のポイントは、
  • 1
    3ヶ月以内に
  • 2
    家庭裁判所へ申立をする
  • 3
    遺産には一切触れない、さわらない

 

の3つになります。

3ヶ月以内に

まず、相続放棄は、3ヶ月以内にしなければなりません。

ここまでは、知ってるよ!という方、結構いらっしゃいます。

では、「いつから」3ヶ月なのでしょうか?

ついつい、亡くなった日から3ヶ月!と勘違いしがちなのですが、正確には、「被相続人が亡くなったこと、および自分が(借金を残して亡くなった方の)相続人になったことを知ってから3ヶ月以内」に相続放棄をすることが必要です。

確かに、そもそも被相続人が亡くなったことや、自分が相続人であることを知らなければ、相続放棄しようか、とも考えませんよね。

身近にいてご葬儀に参列されるような相続人であれば、亡くなった日(その知らせを受けた日)から3ヶ月ということになるのでしょうが、

疎遠な相続人で、司法書士から手紙をもらって初めて亡くなったことを知った!という方も、実際にはいらっしゃいます。この場合は、司法書士の通知を受け取った日から3ヶ月以内であれば、相続放棄が可能ということになります。家庭裁判所で手続きする際も、相続を知った日の証明として司法書士からの通知書を提出することもあります。

先順位者が相続放棄した場合に注意!

知った日から3ヶ月以内であれば相続放棄はできる、というお話をしましたが、これに関して1つ注意しておくべきケースがあります。

それは、先順位の相続人全員が相続放棄した場合 です!(法定相続人、相続人の順位ってなに?という方は以下のリンクをお読みください)

1つイラストを見てください。

被相続人が亡くなり、第1順位の相続人である子ども全員が、適法に相続放棄をし家庭裁判所に受理されました。被相続人の両親は既に亡くなっています。被相続人の兄弟は、どうすればいいでしょうか?

この場合、兄弟も相続放棄する必要があります!(借金を払いたくない場合)。

理由は、相続放棄をした人は、「最初から相続人でなかった(=いなかった)」ものとみなされる からです。

上の例でいうと、子ども全員が相続放棄をしたことによって、子ども全員が最初から相続人でなかった=被相続人には子どもがいなかった とみなされる、ということになります。

さて、被相続人に子どもがいない場合、そして両親もすでに亡くなっている場合、どうなるんでしたっけ?

 

子ども、親が全員相続放棄したら、兄弟姉妹が相続人!

第3順位である兄弟姉妹が、相続人になるんでしたよね。そうすると、被相続人の借金については、何もしないと兄弟の方が相続し、支払わなければならないことになってしまいます!

でも慌てないでください!兄弟の方も、相続放棄しちゃえば、同じように支払いはしなくてよくなります。

このように、先順位者の相続放棄には要注意です。「自分は第3順位だから、相続放棄なんて関係ないよね~」と放置していると、場合によってはとんでもない結果になりかねませんので、ご注意ください。また、相続放棄をした先順位の方(上の例では、子ども)は、後順位の方(上の例では、兄弟)に、相続放棄をしたことを知らせてあげると新設かもしれませんね。

子どもが相続放棄して、孫がいる場合は?

上の事例で、相続放棄した長男、長女に子ども(故人からみると、孫)がいた場合はどうでしょう?孫も相続放棄の手続きをする必要があるでしょうか?

答えは・・・

孫は相続放棄をする必要はない! です。

あれ?孫が代襲相続人になるんじゃないの?と思われた方。

鋭い!のですが、実は、相続放棄の場合は代襲相続は起こらないのです。

理由は一言で言うと「相続放棄した場合、そもそも相続人で無いものとみなされる」からなのですが、細かい理屈を書くと長くなるので、あまり気にしないでください。

相続放棄があった場合、次に相続人になる人は誰?の判断を間違えたまま3ヶ月が経過すると、相続放棄できなくなってしまいます。もしご不安な場合は、司法書士などの専門家にご相談ください。

家庭裁判所へ申立

さて、相続放棄をする、というのは、具体的に何をすればいいのでしょうか?

管轄の家庭裁判所に、相続放棄申述書 という書類を提出します。戸籍謄本や戸籍附票の除票などを添付します。

手続きは、以下のような流れで手続きが進みます。

1 家庭裁判所へ申述書の提出

管轄の家庭裁判所に、戸籍謄本(被相続人の出生~死亡のものと、相続放棄しようとする方が法定相続人であることがわかるもの一式)と、相続放棄申述書という書類を提出します。相続放棄申述書は当事務所が作成を代行します。

2 家庭裁判所から「相続放棄照会書」(アンケートのようなもの)が届く

家庭裁判所から、相続放棄の申述をした相続人の方へ、照会書(アンケートのようなもの)が送られてきます。この書き方は割と重要(書き方次第で相続放棄が認められないことも!)なので、当事務所がアドバイスしながら作成していただきます。

3 家庭裁判所から「相続放棄申述受理通知書」が届く=相続放棄の手続き完了!

照会書を返送してから1~2週間で、相続放棄申述受理通知書 か届きます。これで、相続放棄の手続きは無事に完了です!

4 相続放棄受理証明書 を家庭裁判所へ請求する

「相続放棄したことの証明書を、家庭裁判所から取り寄せます。150円の印紙がかかります。

3で送られてくる「通知書」と名前が似ているので間違えやすいのですが、銀行や不動産の相続手続きでは、「通知書」は使えず、「証明書」の提出を求められます。

5 債権者へ、相続放棄したよ、の通知

必ず必要な手続きという訳では無いのですが、債権者に対して相続放棄した旨の家庭裁判所発行の書類を送り、「相続放棄しましたから、私には請求しないでくださいね」と通知しておくと、後のトラブルが防げます。

遺産には一切触れない、さわらない

相続放棄のご相談をいただいた場合、まずもって相談者の方にお伝えすること。それは、

何もしないでください!!

遺産には、絶対に手を触れないでください!

ということなのです。

被相続人の遺産を、売却したり、誰かにあげたり、貸したりすると、相続放棄できなくなってしまう場合があります。これは、遺産を処分するということは、相続する意思がある=相続放棄する意思は無いんでしょ? と法律上みなされてしまうからです(これを、「法定単純承認」といいます)。

法定単純承認については、さまざまな行為について、相続放棄できるか、できないか?についての裁判例が多数あります。

 

単純承認とみなされる

=相続放棄ができなくなってしまう行為

単純承認とみなされない

=これをしても相続放棄ができる行為

一般経済的価値を有する衣類の形見分け

遺産である不動産の譲渡(代物弁済)

賃料の振込先口座の名義変更

葬儀費用の支払い

一般的価値のない古着の贈与

衣類や時計の形見分け

保存行為として不動産の無償で貸す

 

かなり昔の裁判例も含まれていますが、相続放棄に先立って、形見分けはしていいのか、まずいのか?の1つをとっても、事案ごとに判断が分かれたりします。

なので、相続放棄についてご相談のお客様には

何もしないでください!!

遺産には、絶対に手を触れないでください!

と、強くお願いをしています。

触らぬ神に崇りなし、です。

生命保険は、受け取っても大丈夫

生命保険金は、受け取っても相続放棄はできます!

なぜなら、生命保険期は、被相続人の遺産ではなくて、受取人が生命保険契約に基づいて受け取れる受取人固有の財産だからです。

猪狩 佳亮

【この記事の執筆者】

開業10年、多種多様な案件を解決してきた経験を有する、相続専門の司法書士。史上最年少で司法書士会川崎支部長に就任。全国各地の司法書士会で、相続手続きに関する研修講師も務める。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間365日受付中です。

受付時間:9:00~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

インフォメーション

お問合せ・ご相談
044-742-6194

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒210-0012
神奈川県川崎市川崎区宮前町12番14号 シャンボール川崎505号