川崎市で相続手続き・相続登記なら

いがり円満相続相談室

運営事務所:司法書士いがり綜合事務所
〒210-0012 神奈川県川崎市川崎区宮前町12番14号 シャンボール川崎505号

お電話でのお問合せはこちら
044-742-6194
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日
相続人になるべき人が、先に亡くなっていたら?

法定相続人ってだれ?(代襲相続編)

本ページでご紹介する内容

  • 代襲相続とは?
  • 故人の子どもが、既に亡くなっている場合の法定相続人
  • 故人の兄弟姉妹が、すでに亡くなっている場合の法定相続人

故人に子どもがいたが、その子どもが先に亡くなっている場合は、法定相続人の決め方に注意が必要な場合があります。

【パターン5】を見ながら、ご説明していきたいと思います。

【パターン5】故人の子どもが先に亡くなっている場合

このたびお父さんが亡くなったのですが、法定相続人となるはずだった長男が、実はお父さんより先に亡くなっている、という例です。亡くなった長男には、妻とひとり息子(被相続人の孫)がいました。

この場合、長男が相続すべきだった権利(相続人の地位)は、孫に引き継がれます。

このことを「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」、相続人となる孫のことを「代襲相続人」といいます。

法定相続人ってだれ?(基本編)で、「子どもがいない場合は第2順位」とご説明しました。この「子どもがいない場合」というのは、「生涯子どもがいなかった場合」のことを指しています。

「かつて子供はいたけど先立たれて、相続の時に子どもはいなかった」という、【パターン5】のようなケースでは、(代襲相続する)孫がいれば、第2順位、第3順位には進みません。

ちなみに、上のケースでは、亡くなった長男の妻は相続人になりません(代襲相続しません)。ちょっとややこしいですね。

 

【パターン6】相続人となるべき兄弟姉妹が既に亡くなっている場合

この代襲相続は、第3順位の相続の場合(兄弟姉妹が相続人になる場合)にも起こり得ます。

上の【パターン6】を見てください。

子どものいない夫婦の夫が亡くなりました。法定相続人は本来、兄弟姉妹ですが、その兄弟姉妹が被相続人より先に亡くなっていました。

この場合、法定相続人となるべきだった兄弟姉妹の子、つまり被相続人のおい、めいが代襲相続人になります

この【パターン6】は、【パターン5】(孫が代襲相続する例)よりも、現実には多いと思います。兄弟姉妹は年が近いので、兄弟姉妹先に亡くなっていることが多いからですね。

そして、おい、めいが相続人となる場合、結果として相続人の人数が増え、遺産分割協議をまとめるのがなかなか難しくなります。疎遠な場合はなおさらです。

こうしたケースでは、遺言書など、生前の対策がスムーズな相続手続きにつながります。

猪狩 佳亮

【この記事の執筆者】

開業10年、多種多様な案件を解決してきた経験を有する、相続専門の司法書士。史上最年少で司法書士会川崎支部長に就任。全国各地の司法書士会で、相続手続きに関する研修講師も務める。

無料相談・お問合せはこちら

お問合せ・ご相談、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間365日受付中です。

受付時間:9:00~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

Menu

インフォメーション

お問合せ・ご相談
044-742-6194

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒210-0012
神奈川県川崎市川崎区宮前町12番14号 シャンボール川崎505号